似ている服を持っていないか確認する

安い服を見つけると思わず買ってしまうことがあります。でもすぐ行動するのではなく、その前に買おうとしている服と似ている服を持っていないか確認しましょう。気づかないうちに自分が好きなデザインや色の服を手に取ってしまって、家に帰ったら同じような服がすでにあった、なんていう場合も多いですよね。

購入する前に一呼吸おいて確認するようにすると、そのような失敗を防げて買ったのにほとんど着ていないといった服が増えることがなくなります。似たような服があるとそれぞれの服の出番も少なくなってしまいます。

同じような服ばかりを着ていると、「いつも同じ服を着ているな。」と周りの人から見られてしまうこともありますよ。特に流行りのデザインはその年にしか着れないことも多いので注意が必要です。

自分に合っているサイズか確認する

少し大きかったり小さかったりしても安いからこれは買っておこう、と衝動的に服を買ってしまうと、結局着ていないなんて状況を作ってしまいます。ちゃんと試着をして鏡に映っている自分のサイズに合っている服か確認しましょう。 いくら安かったからと言って、太って見えたりスタイルが悪く見えたりする服を買ってしまうと、タンスの肥やしになってしまうことが多くなりますよ。そうなるとたとえ安くても無駄なお金を使ってしまうことになりますよね。どんな服でも自分に合っているかどうかはとても重要なポイントのひとつです。例えば自分が着ることができなかったら姉妹や子供にあげよう、と考える方もいますが、好みもありますし人それぞれスタイルも違います。