ポイントは肩幅にあります。

流行りのファッションを買ってみたけれど「いまいちオシャレに見えなかった」とか、「似合わなかった」という経験はありませんか。普段着ているサイズと同じものを買っているはずなのに、なぜ似合わないのでしょう。それは、あなたが痩せているか、ぽっちゃりしているかが問題ではありません。ポイントは「体型に合った服を選ぶ」ことです。「体型」というと細さに注目しがちですが、「肩幅に合わせたデザイン」を選ぶことで解決します。例えば、「肩幅が狭い人」に似合うのは、リボンやフリルなど飾りのついた華やかなトップス。また、あまり襟ぐりが広すぎず袖にボリュームがあったり、ゆったりとしたパプスリーブだとキレイに着こなせます。一方で「肩幅の広い人」は、シンプルなデザインで、肩の部分が広めのノースリーブや縦のラインが強調されるカーディガンが似合います。シンプルな分、コーディネートをうまくまとめることがコツです。

身長の高低に合わせて選びます。

ファッションを着こなす上で大事になるのが、「身長の高低にあったデザインを選ぶ」ことです。身長が小さめな人は「縦ライン」を意識したシルエットで選びます。特に秋冬は厚着をするので重くなりがちです。したがって、縦長を意識したロング丈のアウターを選ぶことによって、低身長を目立たせないようにできます。またメリハリのあるバランスのとれたファッションもポイントです。一方で、身長の大きい人は、手足の長さを生かせるファッションで良さが強調できます。強みである手首や足首を出してみましょう。背が高いので自然と縦ラインが目立ち、タイトスカートやスキニーパンツなど、縦長ラインを強調するファッションも似合います。積極的に取り入れてみましょう。