本当に欲しいアイテムをあらかじめ絞っておく

爆買いせずに無駄なく必要な服を購入するには、あらかじめ欲しいアイテムを絞っておくと失敗を防げます。通勤に着るのか、それともデイリーで着るのかどうかも考えておくといいでしょう。方法としては、まず欲しいアイテムを思いつくだけあげていきます。その中から実際には着る機会がなさそうなものをどんどん外していくのです。そうすると、本当に欲しいアイテムを絞ることができます。または、同じアイテムでもデイリー用と通勤用といった具合に用途を分けて決めるのもいいかもしれません。例えば、アウター一つ取っても、通勤やお呼ばれなどに着るものと普段着の上に羽織るものでは分けるのが一般的ですよね。今必要なアイテムは何か、そろそろ買い換えた方がいいアイテムは何かを考えて購入する服を決めることが大切です。

手持ちの服に合うデザインや色を決めておく

あらかじめ買う服を2点までと決めた場合、手持ちの服に合うかどうか考えることも忘れてはいけません。手持ちの服に合わないと、新しい服のためにまた買わなければならなくなります。それでは、結果的に出費が増えてしまいますよね。そのような失敗をしないために、事前に自分が持っている服をチェックしておきましょう。色やデザインの傾向を確認しておけば、手持ちの服に合わせやすいアイテムを選ぶことができます。靴やバッグなどの小物類を確認しておくことも大切なポイントです。せっかく購入したのに、合うアイテムがなければ着る機会もないでしょう。結局、着ないまましまいっぱなしになる可能性も出てきます。新しい服を買うときは、どんなものなら自分の服に合うか考えておくことが重要です。